アトピーのかゆみ

アトピーによる辛いかゆみ

スポンサードリンク

アレルギー疾患の中の1つに、アトピー性皮膚炎があります。

 

アトピー性皮膚炎を患っている多くの人は、平均で5歳までに発症するといわれており、かゆみと発疹が繰り返し現れます。

 

原因は、遺伝的な要素が関係していると考えられていますが、慢性的なかゆみが続くため、肌がボロボロになる他、しるや血液が肌に滲んでしまうこともあるといえるでしょう。

 

このようなしつこいかゆみに対処するためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

一番良いのは、肌に刺激を与えないようにし、かゆみを引き起こすきっかけとなるものを肌から遠ざけることだといえます。

 

人によってきっかけは様々ですが、よくあるパターンとしては、発汗したとき、体温が上昇したとき、ストレスを感じたとき、体調不良時、皮膚炎を患ったときなどがあるでしょう。

 

それから、季節によってかゆみが増すこともあるといえます。

 

特に日光の影響を受けやすかったり、汗をかきやすい夏にかゆみが強くなる人もいれば、空気が乾燥しやすい冬にかゆみが増す人もいるようです。

 

上記のようなきっかけなどがある際、まず一番最初に行わなければならないことは、肌を清潔に保つことです。

 

その後、十分な保湿を行い、肌の内側にある水分が蒸発することを防ぐ必要があります。
その上で、病院から処方された塗り薬を使用するようにしましょう。

 

症状が酷い場合は、医師の指示に従い適切な治療を進めていく必要がありますが、比較的肌の状態が落ち着いてきたら、肌を乾燥させないようにするために、適切なスキンケアを行うのです。

 

アトピーによるかゆみは、長期に亘って対処しなけばなりませんが、肌の乾燥を防ぎ、適切な治療を続けるようにしましょう。

アトピーのかゆみについての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク