ダニによるかゆみ

そのかゆみ、ダニが原因かも?!

スポンサードリンク

ダニによるかゆみ

 

自然の中に出掛けたり、見に覚えがないのにもかかわらず、かゆみを伴う湿疹や肌のただれなどが起こった場合、ダニに刺された可能性が高いといえます。

 

ただし、すべてのダニが人間の肌を刺すわけではなく、一部のダニに限ります。

 

例えば、埃やチリに潜んでいるチリダニは、家の中にいるダニの半数に当たるといわれていますが、人を刺すことはありません。

 

ただし、チリダニの糞や死骸を吸い込んでしまうと、アレルギー性の気管支炎などを発症することがあります。

 

一方、人を刺すダニとしては、チリダニを餌にして生息するツメダニや、動物にくっ付いて生息しているイエダニなどが存在します。

 

これらのダニに刺されてしまうと、かゆみを感じるようになり、約1週間前後で症状が治まっていくことが多いようです。

 

ダニの種類によっては、刺されてから数日経ってかゆみを感じるようになることもあり、また、ほとんどのダニは、目に見えない大きさであることから、刺されてすぐの頃は刺されたことに気付きません。

 

かゆみなどの症状を感じてから、ダニに刺されたことに気付くケースがほとんどです。

 

対処方法としては、常に部屋の中を清潔に保つと共に、布団をこまめに干したり、肌を清潔に保つことが重要となってきます。

 

尚、人を刺すダニの多くは寒さに弱いことから、冬から春にかけては人を刺すことはほとんどありません。

 

しかし、ダニによるアレルギー性のかゆみは発症することがありますので、やはり常に環境や肌を清潔に保つことが大切だといえるでしょう。

ダニによるかゆみについての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク