乳首がかゆい人

恥ずかしくて医者にも行けない!?

スポンサードリンク

体のかゆみがひどい場合は、皮膚科の診察を受けることをお勧めしますが、体の部位によっては診察を受けることに抵抗を感じることがあります。

 

その中でも乳首のかゆみは、いくら専門医とはいえできるだけ見せたくは無いものです。

 

とはいえ、そのまま放置してしまうと、症状が悪化し化膿してしまうことがあります。

 

そもそも、乳首のかゆみはなぜ起こるのでしょうか?

 

原因は大きく分けると4つあります。

 

まず一つ目は、乾燥によるかゆみです。

 

特に冬になると、暖房によって空気が乾燥し、その影響から乳首が乾いてしまうことがあります。

 

保湿クリームを使用すると、ある程度の乾燥を防ぐことができますので、試してみると良いでしょう。

 

2つ目は、化学繊維との摩擦によるかゆみです。

 

女性の場合、毎日ブラジャーを身に付けることもあり、乳首が化学繊維と摩擦を起こしてしまうため、かゆみを感じることが多いといえます。

 

ブラジャーの素材を変えることで、症状が治まることがありますので、一度素材を確認してみると良いでしょう。

 

3つ目は、ホルモンバランスの崩れによるかゆみです。

 

特に排卵の時期や妊娠中になると、女性ホルモンのバランスが崩れがちです。

 

すると、ホルモンの影響を受けた皮膚が敏感になり、少しの刺激でもかゆみを感じることがあるといえます。

 

対処方法としては、できるだけ乳首を刺激しないように努め、こまめに保湿をして肌を守ることが有効だと言えるでしょう。

 

最後の4つ目は、薬品や有効成分の影響によるかゆみです。

 

特に、ボディーソープの中に含まれている成分の影響を受けることが多く、低刺激の製品に替えることでかゆみが治まる事があります。

 

以上4つの原因に心当たりがある場合は、まずは改善に努め、それでも症状が治まらないということであれば、速やかに皮膚科へ行くようにしましょう。

乳首がかゆい人についての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク