花粉症で肌がかゆくなる

花粉症で肌がかゆくなる

スポンサードリンク

花粉症の時期になると、鼻水などの症状で悩んでいる人を多く見掛けるようになります。

 

中でも、肌のかゆみは深刻で、症状によっては掻き毟りたくなるような衝動に駆られることもあるでしょう。

 

ところで、なぜ花粉症を患うと肌がかゆくなるのでしょうか。

 

原因はいくつか考えられますが、一番の原因は角質の乱れです。

 

健康な肌であれば、潤って張りのある肌の状態となっており、表面もスベスベしているものなのですが、なんらかの外的な要因や内的な要因が加わると、肌の水分が蒸発してしまいます。

 

すると、肌の表面にあるセラミドが不足してしまうようになるのです。

 

セラミドが不足した肌は、花粉だけに限らず埃やダニなどが侵入しやすい状況になり、肌の免疫機能を支えているランゲルハンス細胞が、過剰反応を引き起こします。

 

その結果、かゆみを感じるようになるのです。

 

また、かゆみを感じると、ついつい掻いてしまうものですが、そうなると更に花粉や埃などが肌の中に入り込みやすくなるため、症状が悪化してしまいます。

 

ですから、まずは肌の乾燥を防いで、十分な保湿を行うことが、かゆみを取り除く一番の対策となるのです。

 

そのためには、肌を刺激することを控え、日頃の洗顔方法やスキンケア方法を今一度見直す必要があるでしょう。

 

また、お風呂上がりは肌が乾燥しやすくなりますので、十分な保湿を行い保湿クリームなどを使用して、肌の水分の蒸発を防ぐことをおすすめします。

花粉症で肌がかゆくなるについての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク