湿疹による肌のかゆみ

湿疹による肌のかゆみ

スポンサードリンク

湿疹によるかゆみは辛いものです。

 

湿疹は、ハウスダストや花粉、日光などの外的な刺激や、体質などの身体的原因によって引き起こされる疾患の1つです。

 

人間の体は、これらの刺激を防御するために、免疫機能が働くようになっていますが、中でも大きな役割を果たしているのが白血球だといわれています。

 

何らかの形で刺激を受けると、白血球を集めようとして化学伝達物質を放出し、体内にある組織に影響を与えるのです。

 

適切な量の化学伝達物質は、人間にとって必要なものですが、過剰に放出されてしまうと、あらゆる炎症反応が表れるようになります。

 

その炎症反応の中の1つが、湿疹です。

 

軽度の湿疹であれば、皮膚が赤くなるだけで済みますが、症状が進行してくると皮膚が盛り上がってきたり、水ぶくれのようになることがあります。

 

また、放置してしまうと、無意識のうちに肌を掻いてしまうため、化膿するケースもあるでしょう。

 

そして、炎症部にどんどん白血球が集められていきますので、それにともなって化学伝達物質が放出されるようになり、症状が悪化していきます。

 

慢性化した湿疹は、角質が固くなり肌が黒ずむことから、見た目にも悪くなっていくのです。

 

対処方法としては、原因となっている外的環境要因を取り除き、体質改善を図りながら治療を進めることになりますが、つい見落としがちなのは睡眠時間の確保です。

 

肌の再生は就寝中に行われますので、十分な睡眠時間を確保出来ていないと治るものも治りません。

 

それから、刺激物やアルコールの摂取、洋服による摩擦にも気をつけたいものです。

湿疹による肌のかゆみについての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク