妊婦の肌のかゆみ

妊婦さんがかゆくなるのは

スポンサードリンク

妊婦肌のかゆみの原因は、いくつか考えられます。

 

代表的な原因を、3つご紹介していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、肝機能の低下です。

 

妊娠中は、子宮が大きくなるため肝臓が圧迫されます。すると、肝臓の機能が低下してしまい胆汁が体内に溜まってしまうのです。

 

胆汁の中には胆汁酸と呼ばれる成分が含まれているのですが、この成分が皮膚の組織の中にも増えていくことから、肌が刺激されてかゆみが引き起こされるのです。

 

また、肝機能の低下は、妊娠中に増加するエストロゲンも深く関係しています。

 

エストロゲンに含まれている代謝物質が、肝機能を低下させてしまうのです。

 

すると、先ほどもお話したように胆汁が体内に溜まり始め、かゆみを引き起こしていきます。

 

2つ目は、代謝です。

 

女性は妊娠すると体質が変わりますが、中でも代謝機能が活発化することが分かっています。

 

代謝が活発化すると、発汗しやすくなりますので、かゆみを引き起こしやすくなるのです。

 

最後の3つ目は、妊娠線です。

 

全体の4割程度の女性が、妊娠線を経験すると言われていますが、妊娠中は皮膚が伸びきれなくなることから、刺激に弱くなるのです。

 

また、妊娠した女性は肌が敏感になりますので、余計かゆみを感じやすくなるとい言えるでしょう。

 

原因さえ分かれば、おのずと対処方法が決まります。症状が酷くない場合は、自ら対応することが可能ですが、あまりにもかゆみが強い場合は、早めに病院へ行くようにしましょう。

妊婦の肌のかゆみについての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク