肌のかゆみ:更年期

更年期とかゆみの関係

スポンサードリンク

更年期を迎えると、個人差はありますが、あらゆる症状が現れるようになります。

 

中でも、肌の乾燥やかゆみを感じるケースがあるようです。

 

特に女性は、男性と比べると化粧をするなどして肌の状態に触れる機会が多いことから、更年期による肌質の変化を感じやすいといえます。

 

そもそも、なぜ更年期を迎えると、肌の乾燥やかゆみを感じるようになるのでしょうか。

 

女性の更年期を例に挙げ、詳しくみていくことにしましょう。

 

まず、女性が更年期を迎えると、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少し始めるといわれています。

 

エストロゲンが減少すると、それに伴ってコラーゲンの量も減少していくため、保湿力が無くなる他、肌の弾力が失われていくのです。

 

また、直接肌の潤いに関連しているセラミドの減少も、肌の乾燥に深く関連しています。

 

人間の体は、老化が進んでくると、肌が乾燥しやすくなるものですが、更年期の場合は、その進行が急激に進むため、乾燥だけに止まらずかゆみも同時に引き起こしてしまうというのが現状のようです。

 

では、これらの症状に対応するには、どうしたらよいのでしょうか。

 

一番効果的なのは、食生活と生活習慣を見直し、適切なスキンケアを行うことだといえます。

 

特に、ストレスを溜めないこと、睡眠時間をたっぷりととることは必須です。

 

それから、ホルモン補充療法を行うことで、更年期に起こりがちな症状を緩和することができるともいわれています。

 

体質によって、ホルモン補充療法が合わないケースもありますが、1つの方法として覚えておくと良いかもしれません。

肌のかゆみ:更年期についての情報

スポンサードリンク

スポンサードリンク